<Lamborghini> FF11(Sirenサーバ)で遊んでいるプレイ日記をだらだらと。普通の日記や気になるニュースの話題なども書いていきます。
2010年02月10日 (水) 23:49| 編集 |
ニコニコ日本語入力 powered by ATOK」に興味を持ったので、無料のATOK体験版をDLして使ってみることにしました。
ATOKを使うのなんて、MS-DOS時代に使っていた一太郎Ver.3以来ですよ。
あの頃は5インチディスク2枚を使って、ぎゅいんぎゅいん読み込みつつ文章を書いていたんだよなぁ。

さて、ATOK自体のインストールは簡単に終わるのですが、FF11をプレイする以上、FF辞書を使えるようにしなくてはなりません。
しかしスクエニの用意してくれているFF用システム辞書はMS-IME用しか用意されておらず、ATOKではそのままでは使えません。
そこでちょっと細工をして、ATOKでも登録単語を使えるようにしました。

1.まず公式サイトからFFXI総合辞書をダウンロードします。
http://www.playonline.com/home/download/dic03.html
バージョンは「IME2002用」がいいでしょう(2007用は使用できませんでした)。

2.バイナリエディタを用意します。
私はフリーで使用できるStirling(スターリング)というソフトを使っています。
ダウンロードはこちらから。
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se079072.html

3.バイナリエディタで、先ほどPOLのサイトからダウンロードしたFFXI総合辞書を開きます。

4.最初のほうの000040番地の01を00に書き換えて保存します。

5.言語バーをMS-IMEにし、ツールボタンをクリック。そこから「辞書ツール」→「ファイル」→「開く」で先ほどのFFXI総合辞書を開きます。

6.次に「ツール」→「一覧の出力」とし、適当な名前をつけてtxtファイルを保存します。

7.言語バーをATOKに切り替え、「辞書メンテナンス」→「辞書ユーティリティ」→「ツール」→「ファイルから登録・削除」を選び、参照ボタンを押して先ほどのtxtファイルを指定。その下のファイル形式から「MS-IME」を選び、登録ボタンを押します。

以上の作業で、ATOKでもFFXI総合辞書が使えるようになります。

無料体験期間は90日もあるので、その間じっくり使ってみようと思います。


ATOK 2010 for Windows 通常版
ATOK 2010 for Windows 通常版
ジャストシステム 2010-02-05
売り上げランキング : 44
価格:7,400円

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト
テーマ:FINALFANTASY XI
ジャンル:オンラインゲーム

この記事内のタグリスト(@をクリックでFC2全体をタグ検索)
  FF11@   ニコニコ動画@
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック