<Lamborghini> FF11(Sirenサーバ)で遊んでいるプレイ日記をだらだらと。普通の日記や気になるニュースの話題なども書いていきます。
2009年05月30日 (土) 22:54| 編集 |
今回のゲーム規制の話と同時期に、TBSからこのようなニュースが飛び出したわけですが。

「凌辱系」ゲーム、製造・販売禁止へ
http://news.tbs.co.jp/20090528/newseye/tbs_newseye4143799.html

このニュースについてはクリエイター側からも疑問が上がっていたようです。

日本製のいわゆる18禁美少女ゲームが欧米で販売中止、人権団体が抗議活動に動くが…果たして日本では? ~第3回
http://blog.livedoor.jp/abel_/archives/51315131.html

廃屋譚
http://www.high-octane.org/

そして自主規制団体であるソフ倫自身から「TBS報道は事実無根である」という公式声明が出たそうです。
現在のところは各メーカーへのFAXという形だそうですが、週明けには公式にサイト上で発表されるのかな。

今回のTBSの報道は、単なる誤報と言うよりは「自主規制団体が販売禁止にするって言ってるんだからしょうがないよね~」という方向に世論を誘導するための捏造記事ではないか、とも思えます。

そもそも今回の問題は、日本国内のレーティングでは「問題なし」とされている作品が海外で勝手に販売され、規制基準の違う外国で騒がれた話だという点。
「あんたんとこでは禁止なんだね、じゃあそれを売ったアマゾンに文句を言っておくれ、うちでは問題ないんだから」ってだけの話に、日本国内でこういうゲームをよく思っていない連中が乗っかっただけ。

とはいえ、ゲームと実犯罪数とは関連がないとか、表現の自由の問題だという「正論」は、この手の連中に通じないのはお約束。
6月2日のソフ倫の緊急加盟会社懇談会の結果を待ちたいと思います。
スポンサーサイト
テーマ:美少女ゲーム
ジャンル:ゲーム
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック