<Lamborghini> FF11(Sirenサーバ)で遊んでいるプレイ日記をだらだらと。普通の日記や気になるニュースの話題なども書いていきます。
--年--月--日 (--) --:--| 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年02月13日 (金) 23:56| 編集 |
ゲーセンの「構造不況」 タイトーが置かれた厳しい状況
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0902/13/news034.html

1プレイ120円という価格設定で大顰蹙を買っているわけですが。
こういうことするから余計に客が飛ぶんだけどなぁ…。

ゲーセンで必要な金額ってのは、昔に比べて確実に増えているのよね。
プライズ系は昔はがっちりホールドできるくらいアームが強かったのに、今では3~400円使ってずるずると引きずり落とす取り方が主流になってたりする。
対戦ゲームは「上級者」は減り、単に「強い」だけの人が選挙する状態で、初心者・新参者は定着する前に離れていく。
レースゲームはカードで成長させないと後半の敵には追い付けすらしなくなる。
カードゲーム系は言わずもがな、まずまともなデックがなければ話にならない。

…これじゃあふらっとゲーセンに出かけても、やるものなくて帰るわなぁ。

私が今主に遊んでるのは『グランドクロス』だけど、これって設置費用が4,000万円だよ。『クロス』からバージョンアップしても300万かかる。『ガリレオファクトリー』は2,000万円だったかな。
あれだけでかい筐体に加えてこの金額では、なかなか導入できないのも無理はない。
でもお客さんはそういうの設置してあるお店に集中しちゃうのよね。

ビデオゲームも昔は中の基盤を差し替えるだけだったのが、今では『バーチャ』や『鉄拳』みたいに専用筐体込みのセット販売になったりしてるから、中小店舗では初期稼動できないし。
ゲームが高機能・高性能になっても、店舗やお客を置いてけぼりにしていては破綻するに決まってるって。


たのしみを解剖する―アミューズメントの基礎理論
4768434738村上 和夫

現代書館 2008-02
売り上げランキング : 301967


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。