<Lamborghini> FF11(Sirenサーバ)で遊んでいるプレイ日記をだらだらと。普通の日記や気になるニュースの話題なども書いていきます。
2008年07月11日 (金) 00:51| 編集 |
エインヘリヤルのオーディンに挑戦してきました。
第一ウイングから第三ウイングまでは負けなしの十連勝(休んだ人のために一回羽根補充)、このまま無敗でクリアしたいところだけれど…。

編成はナナナ戦暗侍侍狩狩狩シ白白黒黒赤赤赤赤青詩詩詩詩詩召召召召召召+α。

突入前にオーディンの使用技と戦術を確認。
初挑戦なので、召喚獣と遠隔で削りつつ戦乙女を赤でキープするというオーソドックスな戦術で挑みます。


オーディン使用技は以下の通り。

・使用魔法
スリプガII、ブライガ、バインガ、ブレクガ、スロウガ、ブリザガIII、ブリザガIV、ドレッドスパイク

・使用特殊技
サンゲタル:食事を含めた範囲全強化消去(HP10%減少ごとに使用)
オヴニル:範囲ダメージ+防御力ダウン
ヴァルファズル:静寂+呪い
ガグンラーズ:400前後の範囲ダメージ+テラー
ゲイルレズ:400前後の広範囲ダメージ+バインド
ユッグ:オーディン自身にキラー効果付与(斬鉄剣後に使用)

・スペシャルアビリティ
斬鉄剣(残りHP10%以下で発動)
以下のセリフとともに発動、自身を中心とした範囲に即死効果

研ぎ澄まされし白銀の刃は
魂の住み家を断ち切るため……
反り返りし漆黒の峰は
魂の寄る辺を振り切るため……
ヴァルハラに散華せよ
斬・鉄・剣!

以上に加え、オーディンのHPが70%・30%・5%になるごとに3体の戦乙女(フォモル)を召喚。


斬鉄剣は発動時にヒーリングをすることで、即死効果から300前後のダメージ技にダウンさせることができます。
しかしスリプガ対策に常時毒薬を服用しているため、即座の解毒が必要に。
前衛はさらに戦闘解除をしなくてはならないので、かなり集中が必要になります。
まぁうちらの場合は…(´ω`;)

やまびこ薬、聖水、毒薬、毒消し、ヤグードリンクといった薬品類の確認後、いざヴァルグリンドへ。
odin01.jpg
「オーディンの間」は最初は無音ですが、オーディンが反応するとかっこいい音楽が始まります。

前衛にはマチバラ、後衛にはバラバラを歌う指示だったけど、なにしろ範囲攻撃がやっかい。
サンゲタルで強化を消された前衛に歌をかけにいくとヴァルファズルで静寂&呪いに。
その場でやまびこ薬を飲むとゲイルレズでバインドにされるので、後ろにさがって異常を回復。再度歌いに行くと今度はガグンラーズでテラーに…と、なかなかかけなおしができませんでした。
これはもう少し慣れて、技の発動タイミングにあわせるしかないかな。

混乱したのは戦乙女を召喚されたとき。
キープ要員の赤さんが3人いたのだけれど、ターゲッティングがうまくいかずに1人に2体が襲い掛かって戦闘不能になる場面も。

ただオーディン自体はそれほど強いわけでもなく、状態異常を丁寧に治していけば安定してHPを削っていけます。MPきついけど。
odin02.jpg

そして残り1割程度のところで…。

研ぎ澄まされし白銀の刃は
魂の住み家を断ち切るため……


きたきた。
あわててオーディンから離れつつヒーリング。
幸い距離があったおかげで私は攻撃を免れましたが、盾役のナイト3人のうち1名が即死、もう一人が直後に召喚された戦乙女によって戦闘不能に。
いやー、けっこう発動早いわ。

その後は残ったナイトさんを援護しつつ全力で攻撃、そしてついに撃破!
無敗のままエインヘリヤルエリートの称号をゲットしました。

ドロップは免罪符4枚にホフド。なかなかの当たりなのかな。
20080710000138b.jpg

私の希望していた海霊:胴も出たけれど、残念ながらロット負け(;´д⊂)

次回からはとりあえず第一~第三ウイングを一回ずつまわり、記録用キャラの「だいじなもの」を使って再度オーディン戦になるのかな。

とりあえず注意点など。
・戦乙女のキープはあらかじめどれを取るか決めておく。
・斬鉄剣回避用のマクロを作る。
・状態異常には薬品をケチらずに使用する。
・HPが10%をきったら前衛は納刀し、ヒーリングの準備をする。
これらに気をつければ、かなり楽に戦えると思います。
次回は死者0を目指そう~。

そしてモグに戻って気がつきました。
「ソウルボイス使ってなかった…」


おまけ:オーディンが本気を出したようです。

スポンサーサイト
テーマ:FINALFANTASY XI
ジャンル:オンラインゲーム

この記事内のタグリスト(@をクリックでFC2全体をタグ検索)
  FF11@   ニコニコ動画@
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック